まいにちを、ていねいに。

料理家・ライフスタイルデザイナー 太田みお Official Website



ふんわりフレンチトースト


ホームパーティの翌日。

一晩明けて、すっかり固くなってしまったフランスパンを、ふんわり美味しいフレンチトーストに変身させました。

カチカチで凶器のようなパンも、ふんわり甘くてしあわせな朝食に早変わりです。

クリスマスのデコレーションクッキー


クリスマス仕様のデコレーションクッキーです。

シンプルなクッキーに、ちょっとひとてま。

アイシングでデコレーションをするだけで、ちょっと特別なクリスマスクッキーになりますね。

今回は雪をイメージしてシンプルな白のアイシングにしてみました。

お友達やお子様と、みんなでわいわいお絵かきするのも楽しいです。


かわいい木の実のクリスマスリース


手作りのクリスマスリースです。

ユーカリの葉と、可愛い木の実を中心に作ってみました。

毎年、気分に合わせてひとつずつ、手作りリースを作ってみるのも素敵かもしれませんね。

魚介の恵みのアクアパッツァ


もうすぐクリスマスですね♪

クリスマスにぴったりの簡単で美味しいアクアパッツァをご紹介します。

私が住んでいるジャカルタでは、思うように食材が揃わないことも多々あります。

今回は、ジャカルタでなかなか手に入れることのできない「あさり」を省いたレシピです。

持ち寄りの華やかなホームパーティや、自宅で家族とゆっくり過ごすなど

それぞれの素敵なクリスマスをお過ごし下さいね☆

子どもが喜ぶなつかしドーナツ


お子様が喜ぶとってもシンプルなドーナツです。

私が小さい頃、母がよく作ってくれた、懐かしい味。
スナック菓子よりも、手作りのお菓子のほうがず〜っと美味しい!
と子どもながらに気づいていたため、忙しい母に何度もおねだりしました。

とても簡単で、家にある常備材料でさっと作れるので
お子様のおやつに困ったときにぜひ作ってみて下さい。

豚のトマト赤ワイン煮込み


豚肉をトマトやその他お野菜と赤ワインで煮込みました。

時々ふと食べたくなる、煮込み料理です。

トマトソースを煮込むのは、少し時間がかかりますが
ことことと煮込まれていく音や、たちのぼる香りに癒されること間違いなしです。

マリアージュするワインは、白ならゲヴルツトラミネール
赤でしたらメルローが合うでしょう。

いんげんの黒胡麻和え


いんげんの黒胡麻和えです。

もちろん白ごまでもいいのですが、黒胡麻のほうが香りが高く
油分も少なくヘルシーなので、私は黒胡麻を使いました。

定番の副菜として、ぜひどうぞ。


体をあたためるハニーチャイ


私がスターバックスで頼む確率がもっとも高いのは、チャイティーラテ。

ほどよいスパイシーさと、ミルクたっぷりの甘く美味しいラテです。

自宅にある材料で、チャイティーラテに近い物、作れないかな?

と思って作ってみました。

スパイスがご自宅に揃っていてお時間があるときに、ぜひ試してみて下さいね。

かすみ草の一輪差し


かすみ草を一本だけ、お気に入りのガラス瓶に活けてみて下さい。

繊細な茎は、家の中に凛とのびた樹のようで
小さな白い花は、私たちのささやかなしあわせを喜ぶようにはじけます。

花束のなかに埋もれてしまうと、どこか昭和くさくなってしまったりすることもあるけど
かすみ草そのものの繊細で透明な美しさをいかすには、やはり1輪差しだと、私は思います。

Happy Halloween!! ジャックランタン作り♪


Trick or Treat!!

アメリカ育ちの私が少女のころ最も楽しみにしていたイベントひとつが、ハロウィンでした。

毎年ハロウィンが近づくと、家族でかぼちゃ畑にかぼちゃを探しに出かけました。

自分では持てないくらい大きなかぼちゃを運んで帰って
父のディレクションのもと、兄や妹と一緒にジャックランタンを作るのが
わが家の恒例行事でした。

くりぬいたあとの中身は、母が美味しいパンプキンパイにして焼いてくれました。

ほっこりあたたまるポトフ


日本はずいぶんと秋らしくなってきた頃でしょうか。

ジャカルタは常夏ですので、秋や冬の趣を楽しむことはできませんが

弱っていたおなかがずいぶんと回復してきたときに

ふと、お野菜が柔らかく煮込まれたポトフを食べたくなりました。

フランス人直伝の美味しいレシピをご紹介します。

寒い日に、このポトフを食べると体じゅうがほっくりと暖まりますよね。

冬が来る国が、恋しくなりました。

さくっと美味しい抹茶クッキー


おなかの調子がずいぶんよくなって、少し小腹がすいたなあと思ったとき
冷蔵庫の扉を開けてみました。

牛乳がきれていて、卵がひとつ。

ん〜、何を作ろう…

と目に入ったのが、抹茶パウダー。

そうだ、抹茶クッキーを作ってみよう。

バターの香りがやさしく、さくっと美味しい抹茶クッキーです。

梅かつお味噌のお粥


最近、疲れがたまっていたところ、お腹をこわしてしまいました。

普段は美味しいはずのお肉も、チーズも、目に入るだけでもうだめで
お野菜ですら消化するのが難しいようでした。

そんなときにほっとするのが、お粥。

お米をぐつぐつとゆっくり煮込んで、柔らかくなったら
シンプルな梅かつお味噌をのせていただきます。

ふうっとひといき。

たっぷり眠って、はやくよくなりますように。

しっとり美味しいチョコチップバナナケーキ


きのう、バナナケーキを焼きました。

弱っている夫を元気づけようと思ったのと
翌日一緒にゴルフに出かける友達にプレゼントしようと思って。

甘く熟したバナナとチョコチップをたっぷり使った、しっとりバナナケーキ。

焼き上がるまでの時間、部屋中が甘く香ばしいかおりに満たされます。わくわく。

ローズペタルのアロマキャンドル



薔薇を扱うときにはいつも、ビル・エヴァンス・トリオをバックに
モニカ・ゼタールンドが歌う"Beautiful Rose"を思い出します。
女性のこころの奥の憂いを歌うようなサウンドが心をゆさぶる、大好きな曲です。

今回は、薔薇の花びらを使ったアロマキャンドルの作り方を紹介します。

じゃがいもとベーコンのキッシュ・ロレーヌ


じゃがいもとベーコンのキッシュです。

キッシュ・ロレーヌはフランスのアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理で
クリームとベーコンを使い、お野菜をたして作るパイ料理。

冷凍パイシートを買わなくても、家にある材料で簡単にパイ生地から作れます。

華やかでありながらもほっとする味です。

白ワインやシャンパンにもぴったり合いますよ♪

しっとり濃厚なカップガトーショコラ


わが家のオーブンと仲良くなろうと決めてから、
今日も何か実験してみようと、冷蔵庫を開けたらチョコレートを発見。
ガトーショコラを作ることにしました。

ココアパウダーがなくても大丈夫で、メレンゲを立てる必要もなく
とっても簡単なのに、濃厚で美味しいガトーショコラです。

カップで焼くと、焼き時間も短く、あっという間にできあがり。

週末のティータイムを贅沢な気分に演出してくれる手作りスイーツです。

鶏むね肉の大葉あえ


最近、外食が続いていたので、体が少しSOSサインを出していました。

家では、一人で食事をとることが多いのですが

それでもきちんと一汁三菜、丁寧に食していこうと決めています。

一人なのに一汁三菜だなんて面倒…そう思ってしまう時もあります。

でも簡単に、限られた食材で、一汁三菜を続けるコツを少しずつ掴んで来ると、面倒な気持ちも減るので不思議です。

今日はそんな時の簡単で美味しい定番のメニュー、鶏むね肉の大葉あえをご紹介します。


お花のある暮らし〜ボックスアレンジ


ピンクの可愛らしい薔薇やカーネーションを、ボックスにアレンジしました。

まだ花開いていないつぼみや、グリーンをアクセントに入れながら…

とても簡単で可愛らしいボックスアレンジメント。

贈り物にもきっと喜ばれると思いますので、みなさまもぜひ作ってみて下さい。

ほっこりあたたかい、かぼちゃのポタージュ


ほっこりあたたかい、かぼちゃのポタージュスープです。

日本では朝晩の冷え込みに、いよいよ秋が顔を見せ始めた頃でしょうか。

ここジャカルタも、いよいよ乾季が終わりに近づき、雨季の気配が感じられるようになりました。

すこしひんやりとした空気のなかで、ふと飲みたくなったかぼちゃのポタージュスープ。

焼きたての香ばしい美味しいパンと、これさえあれば幸せ…
とも思える、ほどよくさっぱり、ほどよく濃厚な美味しいレシピです。


小さなしあわせのカプレーゼ


小さなしあわせのカプレーゼです。

ひとくち、片手で楽しめる小さな前菜。

いつも使っているオリーブオイルを、バルサミコ酢にアレンジしてみました。

パーティや、少し小腹が空いたときのおつまみにもどうぞ。

サーフィンのよろこび


先日、またバリ島でサーフィンしてきました。

波乗りをはじめて、3年目。

いい波を待っているあいだ、海にぷかぷかと浮いているだけで
不思議と心がやわらかく、優しくなっていきます。

そして、自分が選んだ波にのって、地球と一体になったときの喜びは、
言葉では言いあらわせないものがあります。

ローズマリーレモネード


少女時代を、アメリカのサンディエゴで育った私。

なにげない日常の暮らしのなかで、大人が時折つくってくれるレモネードが大好きでした。

母も、お友達のお母さんも、ガールスカウトの先生も、レモネードを作ってくれました。

家の前の道の脇に、段ボールでカウンターを作って
「レモネード屋さんごっこ」をして遊んだことも懐かしく思い出します。

大人になったいま、あのときのレモネードを少しアレンジして、ローズマリーを加えました。

見た目にも可愛くて、さっぱりと美味しいローズマリーレモネードのレシピをご紹介します。

自然な甘みのほくほくスイートポテト


最近見つけた近所のオーガニック・ショップで、さつまいもをたくさん手に入れました。

小さなサイズで、甘みと旨味がぎゅっと凝縮された無農薬のおいもさん。

茹でると、あざやかな黄金色に発色して、いい香りがキッチンを満たしてくれました。

ご近所さんや、ご実家などからさつまいもをたくさん頂いたりしたときに
おすすめの手作りスイーツが、スイートポテトです。

簡単でシンプルだけど、とっても美味しいスイートポテトのレシピをご紹介します。

お花のある暮らし〜スパイラルブーケ


暮らしのなかで、お部屋にお花を飾るということ。

少し体や心の調子が悪くても、そんな自分をそっと元気づけてくれるような
不思議なパワーがお花たちにはあると思います。

たまには、自分のために。

お気に入りのお花を買って、好きなようにブーケを作ってみるのも素敵かもしれませんね!

鶏肉とトマトのオーブン焼き


チキンとトマトのオーブン焼です。

彩りも鮮やかで、レモンライムの爽やかな香りとトマトの優しい酸味が、夏の終わりにとっても美味しいですよ。

週末のディナーや、お友達とのホームパーティなど、ちょっとだけ特別な時にも使える華やかな一品です。

マンゴーとオレンジのフレッシュジュース


マンゴーとオレンジのフレッシュジュースです。

フレッシュなフルーツの絞りたての果汁は、生き生きとしていて、贅沢な自然の甘みを楽しむことができます。

マンゴーを選ぶときは、必ず香りをチェック。
甘くていい香りのするものは、なかの果実もとても美味しいですよ。

ひじきと蓮根の煮物


ひじきの煮物は定番のおかずですが、皆さんは具材に何を入れますか?

我が家では、蓮根、油揚げ、にんじんをいっしょに煮ます。

蓮根のしゃきっとした歯ざわりと、しっとり味がしみたやわらかい油揚げ。

相性ばつぐんの、おいしいレシピです。


ハヤトウリと豚肉のしょうが煮


南国でよく見かけるハヤトウリ。

そのハヤトウリと豚肉を、コトコトと生姜で煮込みました。

ほくほくと柔らかいハヤトウリに、やさしい味がしみて、おいしいご飯のお供です。


ほっとする味、蓮根のきんぴら


困ったときの、もう1品の定番。

かんたんなのに、美味しくて、ほっとする味ですよね。

時々無性に食べたくなる、そんな蓮根のきんぴらです。

休日の朝、しあわせのパンケーキ


休日の朝には、パンケーキが幸せ。

弱火でじっくり焼いて、ゆったりと流れる時間を楽しみながら…

ほんのり甘いシンプルなパンケーキ。

お気に入りのフルーツとメープルシロップでアレンジして。

さわやかなアボカドジュース


朝の光を浴びながら、手作りのフレッシュなアボカドジュースを飲む。

そんな一日のはじまりは、心にゆったりとした余裕を与えてくれるような気がします。

とっても簡単なこの爽やかなアボカドジュースの作り方を、ご紹介。


ステンドグラスのキャンドルホルダー

キャンドルのゆれる優しい光とガラスクラフトのぬくもり。


私は、ステンドグラスのキャンドルホルダーでバスタイムを楽しんでいます。

色とりどりのガラスが、キャンドルの灯りを通してをきらきら…とっても綺麗です。

一日の疲れをすっかり癒してくれる、ぬくもりあふれる時間をいかがですか?



【HOW TO MAKEレシピ】 難易度☆☆

材料や道具の準備が大変かもしれませんが、意外と簡単に作ることができます。
火傷や、半田がはねることがありますので、目に入ったりしないように注意して下さいね。

思い出の貝殻のアクセサリーがけ

思い出がつまった貝殻たち☆



沖縄の透きとおる海でひろった珊瑚、北海道の黒くおおきな海でひろったヒトデの骨、バリ島の夢のようなサンセットを見ながらひろった白く繊細な貝殻、鳥取の日本海でひろった色とりどりの貝殻、湘南の日射しのもとでひろったちいさな巻き貝。

楽しかった思い出をひとつひとつ思い返しながら、ひとつのボードに貼り付けました。

このボードはアクセサリーがけとしてぴったり。
お気に入りのアクセサリーをかけたら、あっという間にオンリーワンの素敵なディスプレイのできあがりです。



【HOW TO MAKEレシピ】 難易度☆
とっても簡単♪